京湯元ハトヤ瑞鳳閣

京湯元 ハトヤ瑞鳳閣

十輪寺

じゅうりんじ

通称“なりひら寺”。在原業平の晩年の隠棲地 十輪寺を特別拝観できるハトヤだけの限定特別プラン。

十輪寺拝観と“なりひら御膳”プラン

お一人様
昼コース 5,160円(税込)

お食事・拝観料・交通費含む

なりひら御膳 なりひら御膳※イメージ写真

期間: 平成30年7月1日(日)~9月30日(日)

JR東海「そうだ京都、行こう。」でおなじみの十輪寺。
洛西の奥地に風情と共にひっそりと佇み、平安時代の歌人で「伊勢物語」の主人公 在原業平が晩年過ごした地と言われています。
また十輪寺には業平が塩焼きの風流を楽しんだといわれる「塩がまの跡」もあり、恋愛結婚成就の祈願として親しまれています。
貴重な体験ができるこのプラン。十輪寺秘伝のここでしか食べられない特別な精進料理「なりひら御膳」と共に是非ともお楽しみください。

お支払いは出発前にハトヤ瑞鳳閣フロントにて
お支払いの際に『拝観券』『各種交通チケット』をお渡しいたします。

なりひら御膳 おしながき

  1. 胡麻豆腐
  2. 厚揚げとアボガド白和え
  3. ひじき煮
  4. 豆彩紅白かきあげ
  5. 生湯葉と天草
  6. 飛龍頭 かきつばた南瓜 扇面牛蒡
     短冊人参 大根 青味 湯葉あんかけ
  7. 茄子二色田楽
  8. 湯豆腐 又は、おぼろ豆腐
  9. 白米、清汁、香の物
  10. 水物

マップ&モデルコース

地図

昼コース

  1. ハトヤ瑞鳳閣「栄寿庵」にて昼食(11:30~13:00) 徒歩
  2. JR京都駅(13:09) 乗車時間約7分
  3. JR向日町駅(13:15頃) 徒歩
  4. 阪急バス2乗り場より66系統乗車(13:35) 乗車時間約30分
  5. 小塩下車(14:05頃) 徒歩
  6. 十輪寺拝観 徒歩
  7. 阪急バス小塩より66系統乗車(15:29) 乗車時間約30分
  8. JR向日町駅(16:00頃) 乗車時間約7分
  9. JR京都駅(16:07) 徒歩
  10. ハトヤ瑞鳳閣着
  • コースの見どころや所要時間、各交通機関の時刻表等は出発前にコンシェルジュにご相談ください。
  • 上記モデルコースは一例です。

業平忌とは

三弦説法 三弦説法

花衣天女による聲明舞 花衣天女による聲明舞

平安期の六歌仙の一人 在原業平の命日である5月28日は、業平の忌日法要が行われます。
その法要は三弦による独特の式で、業平を慕った一弦琴、邦舞、声明舞、芸術生け花等々の奉納がございます。
当日は、ご住職 泉 浩洋法印から伝承された花衣天女(はなごろもてんにょ)による「聲明舞(しょうみょうまい)」の披露もございます。
「なりひら桜」をめでるもよし、「なりひら御膳」に舌鼓をうつもよし、雅の世界をご堪能いただけます。

プランについてのお問い合わせはフロント又はお電話にて

電話番号 075-361-8108

ハトヤ瑞鳳閣 京湯元文化サロン受付時間 9:00~19:00(年中無休)

“なりひら寺”十輪寺

文徳天皇の皇后藤原明子が安産を祈願した寺と伝えられる天台宗の寺院。
本尊は延命地蔵菩薩。また、平安期の六歌仙の一人 在原業平が晩年、好んでこの寺に住んだことから「業平寺(なりひらでら)」という名で世に知られています。
屋根が鳳輦(ほうれん)の形をした本堂は珍しく文化財にも指定されており、豊かな自然に囲まれ、四季折々の景色が楽しめるお寺です。

所在地
京都市西京区大原野小塩町481
アクセス
JR京都駅4・5番乗り場からJR京都線で約7分、「向日町」にて乗り換え、バス2乗り場から阪急バス66系統で約30分、「小塩」下車すぐ

十輪寺の見どころ

塩がま旧跡
塩がま旧跡
在原業平が塩焼きの風流を楽しんだといわれる塩がま。毎年11月には業平が塩焼紫の煙に思いを寄せて二條后におくったという古事にちなみ、塩釜清めの祭りが開催されます。
ふすま絵
ふすま絵
業平御殿にある32面にわたる極彩色の王朝絵巻。神仏分離令後の廃仏毀釈により失われたが、伝統日本画家 黒田正夕画伯により見事に復元されました。
在原業平の墓
在原業平の墓
本堂横の細い道の脇には、在原業平の墓と伝わる宝篋印塔があります。また毎年5月28日、業平の命日には、三味線に似た十輪寺伝統の三弦で法要が営まれています。
なりひら桜
なりひら桜
高廊下、茶室、業平御殿の三方に囲まれた「三方普感の庭」の中心に立つ枝垂桜。満開の頃には、お庭を覆い隠すように咲き誇り、見る人を愉しませてくれます。