京湯元ハトヤ瑞鳳閣

京湯元 ハトヤ瑞鳳閣

曼殊院門跡

まんしゅいんもんぜき

小さな桂離宮とも呼ばれる洛北屈指の名刹。

曼殊院門跡拝観と“親王膳”プラン

お一人様
昼コース 4,980円(税込)

お食事・拝観料・交通費含む

親王膳 親王膳※イメージ写真

期間: 平成30年4月1日(日)~6月30日(土)

※3日前迄にご予約ください。

曼殊院は洛北屈指の名刹。小高い山の上に佇み、京都の街を一望できる名所です。広大な境内の庭園は美しく、枯山水は必見!
そして今回都の文化を伝える「上之台所」を公開。
門跡寺院にちなんだハトヤ「親王膳」プラン。門跡寺院の重みと、宮廷の雅を融合した曼殊院をお楽しみください。

お支払いは出発前にハトヤ瑞鳳閣フロントにて
お支払いの際に『拝観券』『各種交通チケット』をお渡しいたします。

5月のはじめ頃には霧島つつじが深紅の花を咲かせ、赤じゅうたんのように枯山水庭園と調和して殊のほか美しい風景をご覧いただけます。

“歩くことが大好き”という方におすすめのプランです

最寄りのバス停から曼殊院門跡までの散策をごゆっくりお楽しみください。

マップ&モデルコース

地図

昼コース

  1. ハトヤ瑞鳳閣「栄寿庵」にて昼食(11:30~13:00) 徒歩
  2. 市バス京都駅前より5系統乗車(13:09) 乗車時間約50分
  3. 一乗寺清水町下車(14:00頃) 徒歩
  4. 曼殊院門跡拝観(14:20頃) 徒歩
  5. 市バス一乗寺清水町より5系統乗車(16:04) 乗車時間約50分
  6. 京都駅前下車(17:00頃) 徒歩
  7. ハトヤ瑞鳳閣着
  • コースの見どころや所要時間、各交通機関の時刻表等は出発前にコンシェルジュにご相談ください。
  • 上記モデルコースは一例です。

プランについてのお問い合わせはフロント又はお電話にて

電話番号 075-361-8108

ハトヤ瑞鳳閣 京湯元文化サロン受付時間 9:00~19:00(年中無休)

“茶・華・書・画・香と庭の寺”曼殊院門跡

伝教大師 最澄により、鎮護国家の道場として比叡の地に創建されたのがはじまりといわれる天台宗の寺院。
ご本尊は阿弥陀如来で、現在は天台宗の京都五箇室門跡の一つに数えられています。国宝の黄不動画像や曼殊院本古今和歌集をはじめ、多くの文化財を有し、紅葉の名勝としても有名な、近畿三十六不動尊第十七番のお寺です。

所在地
京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
アクセス
京都駅前バス乗り場A1から市バス5系統で約50分、「一乗寺清水町」下車、徒歩約20分

曼殊院門跡の見どころ

小方丈(小書院)
小方丈(小書院)
大書院(本堂)東北方に建つ、明暦2年(1656)の建築で、寄棟造、杮(こけら)葺きの建物。「富士の間」、「黄昏の間」があり、多種類の木材を組み合わせた「曼殊院棚」として知られる欄間の透かし彫りや、七宝製の釘隠し(富士山をかたどる)が特色。
八窓軒茶室
八窓軒茶室
重要文化財。八窓というのは、仏教の八相成道にちなんだもの。小書院の北側に隣接して建ち、大書院や小書院と同時期の建築と考えられています。
上之台所
上之台所
高貴な来客や門跡寺院の住職などの為に使われた特別な厨房。棚一面に献立や漆器類が並び、当時の食文化をうかがい知ることができます。
洛北屈指の庭園
洛北屈指の庭園
大書院前には遠州好みの枯山水庭園が広がっており、水の流れをあらわした砂の中に鶴島と亀島を配している。小書院は静かに水面をさかのぼる屋形舟を表現。