真言宗総本山 東寺(教王護国寺)について

Previous
Next

東寺は、京都市南区九条町にある仏教寺院。
真言宗の根本道場であり、東寺 真言宗の総本山でもある。
「教王護国寺」とも呼ばれています。山号は八幡山。本尊は薬師如来。
東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えました。

創建から1200年経過した東寺は、唯一残る平安京の遺構です。平成6年(1994)に世界遺産として登録されました。
春の宵のひととき。お馴染みとなりました“不二桜”をはじめ、高さ日本一の五重塔、密教美術の宝庫である金堂・講堂を温かい光が包みます。

東寺のみどころ

京都駅から南にある仏教寺院。真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山でもある。「東寺」および「教王護国寺」という2つの名称があり、さらに正式名として「金光明四天王教王護国寺秘密伝法院」と「弥勒八幡山総持普賢院」の2つの名称がある。平成6年(1994)12月には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された

五重塔(国宝)

五重塔

新幹線から南に見える京都のシンボル。その高さ約55メートルは、木造の建築物として日本一の高さを誇る。五重塔は、仏陀の遺骨を安置するストゥーパが起源とされ、東寺の五重塔には、弘法大師空海が唐より持ち帰った仏舎利が納められています。

金堂(国宝)

平安遷都とともに建立された、平安京の威厳と格調が伝わる東寺の本堂。外観からは二重に見えるが、一重裳階(もこし)付きである。宋の様式を取り入れた和様と大仏様(天竺様)を合わせた桃山時代の代表的な建物。本尊の薬師如来坐像と日光菩薩、月光菩薩の両脇侍像が安置されている。

講堂(重要文化財)

講堂(重要文化財)

東寺の中心に位置する講堂は、弘法大師空海が人生の全てを注いだ密教の中心的建物。そこに安置された大日如来は、宇宙の中心ともされ、整然と安置された全部で21体の彫像は、羯磨曼荼羅(立体曼荼羅)を構成している秘密の仏教の入口です。

御影堂(国宝)

かつて弘法大師空海が住房としていた、「大師堂」とも呼ばれる境内西北部に建つ住宅風の仏堂。前堂、後堂、中門の3部分からなる複合仏堂で、全体を檜皮葺きした落ち着きのある建物。北側の前堂には弘法大師坐像(国宝)が安置され、毎朝6時に「お大師様」に朝食を捧げる「生身供」(しょうじんく)が執り行われ、多くの参拝者が集まります。

東寺縁日 弘法市(弘法さん)

毎月21日に開催される恒例の「弘法市」。
広い境内には陶器や古道具など骨董品を扱う約1200余りの露店が軒を並べ、多くの観光客が訪れます。
特に12月の「終い弘法」と一年で最初の「初弘法」は、より一層の賑わいを見せます。

年末年始情報(除夜の鐘つき・初詣など)

除夜の鐘は、僧侶が撞き、一般参拝者は撞くことはできません。
年明け1月1日の6時より大師堂で「生身供」、10時より「大般若祈とう会」
1月3日の13時より「修正会」(御影堂にて牛玉法印を半紙に押したお札を授与)
1月1日~9日までは、五重塔初層内部の新春特別拝観もございます。
※詳しくはお寺へお問い合わせください。

年末年始情報(除夜の鐘つき・初詣など)

除夜の鐘は、僧侶が撞き、一般参拝者は撞くことはできません。
年明け1月1日の6時より大師堂で「生身供」、10時より「大般若祈とう会」
1月3日の13時より「修正会」(御影堂にて牛玉法印を半紙に押したお札を授与)
1月1日~9日までは、五重塔初層内部の新春特別拝観もございます。
※詳しくはお寺へお問い合わせください。

京都駅から東寺へのアクセス

「3密回避」の京都観光

ウィルス感染拡大における不安やストレスから開放され、日常を忘れてのんびりと癒やされる京都でのご滞在となりますように、安心してお過ごしいただける空間をご提供します。

「3密回避」の京都観光

ウィルス感染拡大における不安やストレスから開放され、日常を忘れてのんびりと癒やされる京都でのご滞在となりますように、安心してお過ごしいただける空間をご提供します。