天得院について

Previous
Next

南北朝時代の正平年間に、無夢一清禅師が開創した東福寺五塔頭の一つ。

豊臣家滅亡の原因となった方広寺の鐘銘「国家安康君臣豊楽」より取り壊された後、再建。

現在は、びっしりと杉苔に覆われた枯山水の庭に、凜と咲く桔梗の青や白の花が美しい、桔梗の寺として知られています。

所在地
京都市東山区本町15-802

アクセス
JR京都駅8・9・10番乗り場より、奈良線で約3分、「東福寺」下車、徒歩8分

京都駅バス乗り場C4から市バス南5系統で約8分、「東福寺」下車、徒歩12分

天得院のみどころ

京都屈指の紅葉の名所で有名な東福寺。

その塔頭のひとつが天得院。

杉苔に覆われた枯山水の庭園はずっと見ていたい心静まる空気感。

その非公開の庭園を楽しめる特別プランをご用意しました。

「桔梗の寺」と言われるほどで、夏には庭の桔梗がとにかく美しく咲きます。

華頭窓

本堂には華頭窓(かとうまど)と呼ばれる釣鐘型の窓があり、その窓を通して眺めるお庭や桔梗、紅葉など四季折々の風情は格別です。

枯山水の苔庭

桃山時代に作庭されたとされる枯山水庭園は、昭和43年(1968)中根金作師の指導により一部補修され、現在に至っています。

桔梗

毎年6〜7月の桔梗のシーズンには、枯山水庭園一面を覆う苔に桔梗の青や白とのコントラストが映え、静かな庭園を彩ります。(桔梗と紅葉の季節に特別拝観あり)

苔庭を彩る花々

杉苔に覆われた枯山水の庭に、春は黄緑色の桜・御衣黄桜、霧島つつじ、夏はあじさい、桔梗、秋は紅葉、つわぶき、藤袴、冬は山茶花、椿と、四季折々の花が咲き誇ります。

天得院へのアクセス

JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩7分

京阪本線「東福寺」駅下車、徒歩7分

「3密回避」の京都観光

ウィルス感染拡大における不安やストレスから開放され、日常を忘れてのんびりと癒やされる京都でのご滞在となりますように、安心してお過ごしいただける空間をご提供します。

「3密回避」の京都観光

ウィルス感染拡大における不安やストレスから開放され、日常を忘れてのんびりと癒やされる京都でのご滞在となりますように、安心してお過ごしいただける空間をご提供します。