大覚寺について

Previous
Next

嵯峨天皇の離宮として建立され1200年。

大覚寺は歴史と文化と自然に溢れる地です。五大明王像やふすま絵も見事です。これは必見の価値ありです!

また、春には沿道に咲き乱れる桜、秋には紅葉も有名で、四季折々の味わいを感じることができる名所です。

心経写経の根本道場としても知られ、境内で写経体験ができます。

大覚寺のみどころ

弘法大師 空海を宗祖と仰ぐ、真言宗大覚寺派の本山。

平安初期、嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院で、正式には旧嵯峨御所 大覚寺門跡と称し、離宮嵯峨院とも呼ばれます。

般若心経写経の根本道場として知られ、いけばな発祥の花の寺でもあり、「いけばな嵯峨御流」の総司所(家元)です。

時代劇・各種ドラマのロケ地としても有名です。

所在地
京都市右京区嵯峨大沢町4

アクセス
京都駅前バス乗り場D1から市バス28系統で約50分、「大覚寺」下車すぐ

参拝時間
9:00~17:00(受付は16:30まで)
参拝料金
大人500円、小中高300円

五大明王像

五大明王像

大覚寺の御本尊。五大堂にお祀りされている五大明王像(不動明王・降三世明王・軍荼利明王・大威徳明王・金剛夜叉明王)は、人間国宝松久朋林とその息子宗林仏師の作。

安井堂天井雲龍図

安井堂天井雲龍図

京都東山にあった安井門跡蓮華光院の御影堂を、明治4年(1871)に移築。内陣の格天井鏡板に花鳥などを描き、奥の内々陣の折上の鏡天井に壮麗な雲龍が描かれています。

正寝殿

大覚寺の東、周囲約1kmの日本最古の人工の林泉(林や泉水などのある庭園)。

離宮嵯峨院の造営にあたり、唐(中国)の洞庭湖を模して造られたところから「庭湖」とも。

大沢池

大覚寺の東、周囲約1kmの日本最古の人工の林泉(林や泉水などのある庭園)。離宮嵯峨院の造営にあたり、唐(中国)の洞庭湖を模して造られたところから「庭湖」とも。

京都駅から大覚寺へのアクセス

京都駅前バス乗り場D1から市バス28系統で約50分、「大覚寺」下車すぐ

「3密回避」の京都観光

ウィルス感染拡大における不安やストレスから開放され、日常を忘れてのんびりと癒やされる京都でのご滞在となりますように、安心してお過ごしいただける空間をご提供します。

「3密回避」の京都観光

ウィルス感染拡大における不安やストレスから開放され、日常を忘れてのんびりと癒やされる京都でのご滞在となりますように、安心してお過ごしいただける空間をご提供します。