【ホテルスタッフ厳選】京都観光モデルコース

はじめまして、こちらのブログでは京都でのご宿泊のことや観光についての情報を発信しています。ホテルでフロントスタッフとして勤務している際の空いた時間にこちらの記事を更新しています。今回は京都観光モデルコースについてご説明させていただきます。初めての京都観光を検討されている方から、2回目・3回目の京都旅行に行きたいけど、どのようなコースで巡ったらよいのかお考えの方に、参考になればと思います。

効率的にめぐる
京都観光モデルコース

色々見てみたいところですが、西側なら西側だけ、東側なら東側だけ絞って効率よく!!

目次

すべての京都観光は「京都駅」から始まります

京都の交通拠点として誰もが利用する京都駅は、空港からのリムジンバス・夜行バス・市営地下鉄・市バス・近鉄・JR・新幹線・タクシーなど発着する京都の観光拠点となる場所です。マイカー以外で京都に来られるというお客様の場合、京都駅を経由して来られるというケースがほとんどです。京都駅からであれば、有名観光地への移動はラクラクです。

京都観光のスケジュール

京都は有名観光スポットが東西南北に点在しています。色々見てみたいところですが、そこをグッとこらえて、西側なら西側だけ、東側なら東側だけ絞って効率よくしていきます。あれも、これもとなると移動に時間がかかってしまいタイムスケジュール通りに効率よく京都観光できません。京都駅を軸にして、うまく効率的に京都観光をしていきましょう。

荷物をあずけて、すぐに京都観光へ出発

京都駅に到着したら手荷物をホテルに預けて京都観光へすぐに出発できるのは「駅チカ」ホテルの魅力のひとつ。京都駅に到着したら、すぐに荷物をホテルにお預けください。重たい荷物は邪魔になりますので、不要な分はホテルに預けて身軽に。あまり、旅行をされないお客様などは荷物をホテルに預けず、コインロッカーを使っていたという話も聞いたことがあります。ホテルに荷物を預けることで、コインロッカー代が節約できちゃいます。

初めての京都|京都観光モデルコース1泊2日

京都西側のモデルコース図

初めて京都観光の場合は東側と西側を巡るモデルコースがおすすめ、誰もが知っている京都の有名観光スポットを効率よく巡ることができます。

<1日目>
10:00 ホテルへ荷物を預ける
10:30 嵐山
14:00 金閣寺
17:00 チェックイン
18:30 お部屋で京料理の夕食(事前予約制)
20:00 京都温泉でゆったり

東山方面のモデルコース図

06:30 ぶらり朝の東寺散策
08:00 朝食
10:00 チェックアウト、着物の着付けへ(事前予約制)
11:00 伏見稲荷大社
13:00 清水寺・祇園
17:00 京都駅

ご利益・恋愛成就間違いなし!?のパワースポット

古都京都で今年こそは「本当の自分を見つめ直して」心機一転、最強の年にしませんか?
関連記事

まず初めに向かうのは定番の「嵐山」

嵐山駅前

京都駅から嵯峨嵐山へのアクセスはJR嵯峨野線が便利です。快速電車なら約15分、各駅停車で約18分の乗車となります。もちろん京都駅前のバスターミナルから市バス28系統「嵯峨大覚寺行き」の乗車で嵐山まで行く事はできますが、1時間に3本ぐらいとバスの本数も少ない上に乗車時間も1時間以上もかかります。JR嵯峨嵐山駅から「渡月橋」までは徒歩で10分。橋の少し下流からの眺めはよく、定番の撮影スポットとなっています。

定番の渡月橋

渡月橋周辺

JR嵯峨嵐山駅から「渡月橋」までは徒歩で10分ほど。橋の少し下流からの眺めはよく、定番の撮影スポットです。こちらでは、記念写真を撮っておきましょう。

竹林散策などブラブラ歩く

嵐山竹林

嵐山で大人気の竹林ですが、日本の方だけではなく、世界中からも多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。嵐山は桂川にかかる渡月橋や竹林、世界遺産に登録されている寺院で京都でも有名な観光地です。歩くだけで京都の和の雰囲気を感じることができ、通年を通して多くの観光客が訪れます。

嵐山で食べ歩き

食べ歩き店舗

嵐山は景色だけでなく、グルメも楽しむことができます。嵐山の観光メインスポットは、だいたいが歩いて行ける範囲に集まっているのが特徴です。目的地に向かう途中にはたくさんの食べ物屋さんがあるので、食べ歩きに最適です。食べ歩きの魅力は、美味しい食べものを食べながら美しい景色も堪能できるところ。

人気はコチラ
「%ARABICA 京都」嵐山店
コーヒーで有名なこのお店は、渡月橋を少し川上に上がった場所にあります。
紙コップに独特のロゴが入ったマークと渡月橋をバックに写真撮影してInstagramにアップする人が多いようです。

「古都芋本舗」の大玉みたらし
ちょうど竹林の入口付近にあるこのお店は、大きなみたらし団子が人気です。
大粒の団子は一串でお腹がいっぱいになるほどの大きさです。空腹を満たすにはちょうど良い感じです。

「竹路庵」のわらび餅
箱一面に入っているのが特徴で、口に入れた瞬間に口の中でとろけます。
きな粉も香ばしく程よい甘さなので、甘いのが苦手な人にもおすすめです。

その他、コロッケ・ジェラート・豆腐ドーナツ・など京都にちなんだ商品が沢山ありますので、自分にあったフードをチョイスしましょう。

嵐電で龍安寺へ

龍安寺の石庭

嵐山から龍安寺へは、嵐電で向かいます。龍安寺と言えば、わざわざ説明する必要がないくらいに有名なのが、この石庭。この西側の油土塀は奥側(画像では左)が50cm低くなっているそうです。また、この油土塀の色模様も幻想的な感じです。まさに圧巻で、すばらしいの一言!石庭を出ると油土塀をすぐ近くで、なんとも言えない幻想的な色模様です。油土塀の上の枯れ木は桜満開の頃は絶好の撮影ポイントになりそうです。

龍安寺から金閣寺へ

さすがに人がいっぱいいますね。金閣寺道沿いにある入口から皆様御存知の黄金に輝く建物まではす少し距離があり、どんどん奥に進んでいきます。朝日を浴びて金色に輝く金閣寺は、とっても美しくて、見応十分です。金閣寺の境内は歩くと、けっこう広いので、ゆっくり見て回ると1時間ほどかかります。金閣ばかり目が行きますが、金閣寺は相国寺派の禅寺侘び寂びの世界があります。

京都西側のモデルコース(1日目)のポイント

京都西側の嵐山エリアへはJRを利用することで、効率よく移動することができます。嵐山では渡月橋や竹林で食べ歩きなどしながら散歩した後は、嵐電で龍安寺、金閣寺へ向かいます。龍安寺から金閣寺へは、歩いて行くことも可能ですが、少し距離があるので市バスやタクシーを利用したほうが良いでしょう。金閣寺の観光が終わったら京都駅まで戻るのですが、金閣寺から京都駅へ戻るバスは多くの観光客が乗車する可能性があります。特に土日祝祭日などの観光客が多い場合は、混雑した車内にずっと立ちっぱなしになります。渋滞も考えられ50分以上も京都駅までかかってしまう場合ありますので、特に注意が必要です。そんな場合は、バスで京都駅とは反対となる北方面(北大路駅)に行き、そこから地下鉄駅で京都駅まで戻る方法のほうが、スムーズに快適に行けます。

ホテルへチェックイン

お疲れ様でした、チェックインを済まして、お部屋でおくつろぎください。午前中にお預かりしたお荷物はお部屋までお運びしております。そして、少しの間、客室で寛いだあとは、お部屋での京料理の夕食もお召し上がり頂けます。

1名様あたり
最大5,000円の割引

ハトヤ瑞鳳閣は『きょうと魅力再発見旅プロジェクト』 対象宿泊施設です

京都東側モデルコース(2日目) 東山方面

京都で京都らしい雰囲気を味わうことができるのが、清水寺を含め祇園エリア。三寧坂・二寧坂・八坂の塔・法観寺 八坂の塔が特に有名です。清水寺から高台寺を抜け、雰囲気ある石畳の道を進むと円山公園に入り、そこから西に進むと八坂神社へと続きます。八坂神社の正面の門を抜けると四条通りとなり少し進むと舞妓さんなどで有名な花見小路通となります。そのエリアには縁切り神社として知られている安井金比羅宮・京都らしい辰巳神社がある巽橋などがあります。

【京都女子旅】
卒業旅行・グループ旅行

「誰も知らない」ご利益めぐり、「絆」「仲間」京都で忘れられない、思い出づくり♫
関連記事

伏見稲荷大社から清水寺へのアクセス

伏見稲荷大社

WEBで調べると、いくつかの行き方がありますが、個人的にベストな移動経路はこちら。

伏見稲荷大社 → JR奈良線(各駅停車) → 東福寺下車 → 東福寺バス停(58・202・206・207) → 清水道下車 → 清水寺

清水寺入口付近

伏見稲荷大社から京阪電車の最寄り駅である「伏見稲荷駅」を利用して清水五条駅で下車。そこから清水寺へ歩いて行くという方法もあるのですが、京阪「清水五条駅」から清水寺まではきつい坂道となっており、国道沿いをただひたすら歩くだけとなります。景観も大きな道路沿いとなるため、京都ら雰囲気も味わえません。なるべく早い時間に伏見稲荷と清水寺を観光することで、時間に余裕ができ、京都らしい雰囲気が楽しめる祇園エリアをゆっくり、ゆったりと巡ることができます。

清水寺

清水寺の開門は朝の6時。早朝であれば、人も少なく「清水の舞台を独り占め」なんてことも!?拝観料は大人で600円、舞台の下には「音羽の滝」があり、秋には紅葉、夏には青もみじ、春には桜など、四季を通して様々な風情が愉しめる京都随一の人気スポットです。舞台から望む京都市内の景色は絶景ですが、釘を一切使わず組み立てらた舞台を下から見上げる景色は圧巻です。滞在時間の目安は1時間ほど、人気エリアともあり、混雑している場合が多く、20代から30代の女性が多く、カップルなど2人での散策が多く見られます。

境内散策や国宝の数々
朝の特別拝観

非日常体験から一日をスタート
長谷川等伯と名勝庭園他を堪能
関連記事

八坂塔

八坂塔​

新幹線から見える京都駅近くにある五重塔は「東寺」。祇園エリアにある八坂塔の正式名称は法観寺(ほうかんじ)といいます。京都を代表する景観で石畳の道路には着物姿がよく似合い、女子旅やカップルなどが多く見ることができます。二寧坂、産寧坂を散策しながら立ち寄ると丁度よいでしょう。

八坂神社

平安時代に疫病(流行病)が流行し、その疫病を鎮めたとされるのが八坂神社といわれ、当時の人々は神様に病気がなくなるように神輿や矛を立てて神様にお願いしたのが「祇園祭」始まりとされています。祇園祭は「京都三大祭」「日本三大祭」の1つです。八坂神社のお祭りで、起源は平安時代。見どころは7月17日に行われる「山鉾巡行」です。沢山の山車(だし)が京都の中心部を練り歩きます。八坂神社は京都市民にとって、最も知られている神社でもあります。

巽橋

巽橋

石畳の路と朱色の玉垣が立ち並ぶ、映画やドラマのロケ地としても有名なこの場所。橋から見える石畳と町家や枝垂れ柳の並木の情景はとても絵になり春には桜が美しく咲き誇ります。すぐそばには、舞妓さんたちが芸の上達をお祈りする辰巳神社もあります。舞妓さんが歩くシーンや、ウェディングの前撮り写真を撮影していることも多く、とても絵になるスポットです。

「京都温泉」で旅の疲れを癒やす

いかがでしょうか、少しでも京都観光のお手伝いができればと思い、今回のブログを書きました。京都駅を起点に移動することで、効率的にスムーズに移動ができ、結果として楽しい京都旅行になると思います。

なかでも、フロントスタッフがお勧めしたいのが、京都温泉です。京都駅前に天然温泉があったなんて、ビックリされるお客様も・・・。地下910メートルから湧き出る自家源泉はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩素温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)の2つの泉質を含んでおり、旅の疲れを癒やしてくれます。「美肌の湯」「温まりの湯」とも言われており、体の芯までポッカポカ。旅の疲れを癒してくれます。

京都温泉で
のんびり・ゆったり

地下910メートルから湧き出る自家源泉はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩素温泉でお肌ツルツル

嵐山観光のポイント

嵐山移動コース図

初めて嵐山へ行く場合は渡月橋・竹林散策をする場合は多いのですが、嵐山ではその他にも魅力的なスポットが点在しています。移動手段は主に徒歩となりますが、そんな場合は渡月橋にバス停があります。一旦バスに乗り、愛宕念仏寺で下車します。そこからはは下り坂となり、体力の消耗は格段に少なくなります。このコースは初めての方にもお勧めです。

愛宕念仏寺

愛宕念仏寺

バスを下車してすぐ目の前にあるのが「愛宕念仏寺」。寺内には1200もの羅漢像がありスピリチュアルな雰囲気たっぷりです。この辺りは人も少なめで穴場スポットと言えるでしょう。嵐山駅からここまで歩いて行くとなるととっても大変。バス移動することで体力が温存できます。

羅漢像

寺内には1200もの羅漢像がありスピリチュアルな雰囲気たっぷりです。

鮎茶屋 平野屋

平野屋

私がいつも通る場所は「あゆよろし」の平野屋さん。400年以上も昔からある鮎料理の老舗です。いっぱい歩いたのでここで一服することにしました。志んこ(春・夏・秋)840円、一服しながら、女将さんと少しお話をしました。お店の前にある紅葉は平年より比べて早く色づいているようです。この辺りまで来ると観光客は少なくなり、日本人よりも逆に外国人の方が多くこられるといったお話を聞かせて頂きました。店先に咲いている美しい菊は大覚寺より特別に分けていただいているそうです。時間を忘れてゆっくり寛ぐことができます。

嵯峨鳥居本

重要伝統的建造物群保存地区として選定されている嵯峨鳥居本地区です。東山や祇園などとは少し違った雰囲気です。平安時代に弘法大師が周辺にお寺を開き、嵯峨天皇がこの一体を整備を行い鳥居が建てられ周辺が開拓されました。

あだしのまゆ村

あだしのまゆ村

化野念仏寺の少し過ぎた場所に「あだしのまゆ村」があります。日本で唯一のまゆの人形専門店で年配の女性に人気です。

化野念仏寺

化野念仏寺の竹林

空海(弘法大師)が五智山如来寺を建て、野ざらしの遺骸を埋葬し、のち法然が念仏道場としてから今の寺名に改めました。本堂は1711年(正徳2)寂道上人の再建し境内8,000体の石仏・石塔群は、化野に葬られた人たちの墓で、毎年8月23・24日に灯明をあげ、幽玄な千灯供養を行う。浄土宗です。なんともスピリチュアルな場所です。化野念仏寺の奥には整備された竹林があります。無縁仏の横を進んでいくと、綺麗に手入れされた竹林を抜ける階段はおすすめの場所です。

二尊院

二尊院

紅葉名所で有名な「二尊院」は「そうだ、京都行こう」2012年の舞台です。紅葉シーズンとなると正面の階段からアーチになった真紅の紅葉が訪れる人々をまるで異次元へと誘うように迎えてくれます。本堂までが坂になっており、両サイドの紅葉はまるでもみじのトンネルです。

落柿舎

落柿舎

この落柿舎は松尾芭蕉の弟子であった向井去来の住居跡です。いいですね、奥嵯峨野といった感じです。昔の京都のタイムスリップしたような体験が味わえます。

人力車

嵐山の人力車

嵐山を歩いていると人力車を見かけます。車夫が観光案内をしてくれ、ゆったりと観光を楽しむことができますので、時間に余裕がある方はぜひ、お試しください。

「地下鉄・市バスを活用する」南禅寺・哲学の道・銀閣寺から金閣寺へのモデルコース

地下鉄を利用すると、渋滞もなく計画的に時間通り目的地まで行くことができます。京都の地下鉄は市内を南北に走る「烏丸線」、東西を横断する「東西線」の2路線となります。移動するには「地下鉄市バス1日乗車券」がお得です。京都市バス全線/市営地下鉄全線/がこの乗車券で巡ることができます。

蹴上駅下車

地下鉄蹴上駅
蹴上駅に到着です。乗換も含めて京都駅から18分ほど。南禅寺・永観堂・インクラインへは改札口を出てすぐ左の一番出口へ。蹴上駅は京都市動物園ににも近い駅です。

南禅寺水路閣

ドラマやテレビのロケでもよく利用され雰囲気たっぷりの場所です。紅葉の名所「永観堂」が近くにあることから紅葉のシーズンは多くの人が訪れますが、それ以外は比較的人も少なくひっそりとしています。

天授庵

天授庵の庭

三門のすぐ近くにある天授庵は2013年のそうだ京都行こうのキャンペーンで紹介されました。枯山水庭園は小堀遠州の考案で直線的な切石をかたどり、白砂の庭園には苔に縁取られたひし形の石が並んでいます。知らない人も多く、人も少なく静かで穴場です。

法然院

法然院​

ここはガイドブックでよく登場するスポット。茅葺門はガイドブックや旅行会社ポスターでよく紹介されておりとても風情があります。境内には池泉と砂盛があり、こんこんと池に水が湧いています。しかし、有名な場所の割には訪れる方は少なく、紅葉の時期もそれ程混み合う事がありません。

銀閣寺

綺羅びやかな金閣寺とは対象にわび・さびを感じる銀閣寺。どっぷりと京都の侘び寂びを感じることができます。銀閣寺といえば、絢爛豪華な金閣寺とは違い見た目は質素な国宝「観音堂」でが有名。白砂を用いた庭園はキレイに直線的な模様が描かれ、その中には大きな山のような「向月台」が目を引きます。

下鴨神社

下鴨神社

世界文化遺産にも登録されている下鴨神社の境内には木々が茂る糺ノ森があります。この糺ノ森には清流が流れており、夏にはホタルの姿も見ることができます。昔から京都の人にとって下鴨神社は五穀豊穣の神として信仰されていており、最近では和装結婚式としても人気があり、秋には紅葉も綺麗なことから、数多くの挙式が催されます。境内には縁結びの神様である「神皇産霊神」が祀られています。

鴨川デルタ

鴨川デルタ

京都の中心を流れる鴨川と高野川の合流地点にある三角州の通称は「鴨川デルタ」。夏には夕涼みなど、京都市民や学生などの憩いの場所です。この鴨川デルタは映画やアニメに登場して聖地巡礼地として多くのアニメファンも訪れます。

北野天満宮

北野天満宮

学問の神様として全国的に有名な北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社。京都の人は「北野の天神さん」、「北野さん」とか、親しみを込めてそう呼ぶ人も多いです。江戸時代になると菅原道真公にあやかりたいと、学問成就を祈願する人が増え、学問の神様として認知されるようになりました。周辺には上七軒歌舞練場もあり、春になると「北野をどり」が催され、日頃から鍛錬した演舞を舞妓さんが披露します。

京都の七福神をめぐるモデルコース

バスツアーで大人気の都七福神めぐりですが、「京都SKY観光ガイド」のご協力で、プライベートガイド付の都七福神めぐりをご案内。 団体であれば決まったスケジュールで移動しますが、個人であれば自分の興味がある場所でゆっくりすることも可能です。 場所によって時間を短く済ませたり、たっぷり使うのも自由自在。 移動場所や、時間を気にすることもないので安心です。

新撰組の足跡をたどるモデルコース

幕末の京都と切っても切れない関係の新選組。
歴史好きにはたまらない史跡が数多く残っているのは、京都ならでは。
街を歩くと歴史ある建築物や史跡が多数点在!!
京都在住ベテランガイドと一緒に行く特別コースは新選組について新しい発見をさせてくれます。

パーソナルガイド付き宿泊プランモデルコース

もっと京都の歴史や魅力を感じていただけるよう、京都観光パーソナルガイドプランを準備中です。
2回目、3回目の京都旅行は一味ちがう旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?
定番のお薦めコースから、お客様のご希望に添った観光案内を経験豊かなシルバーガイドが京の町をご案内いたします。

準備ができ次第、プランとして販売したいと思います。
現在検討中のコース一覧です。

①京に見る菊
ご案内場所:京都御所
時間:2時間
拝観料:なし

②京に見る葵
ご案内場所:二条城・神泉苑
時間:2時間
拝観料:二条城(1,030円)

③哲学の道
ご案内場所:銀閣寺・哲学の道・法然院・(永観堂)・(南禅寺)
時間:2(3)時間
拝観料:銀閣寺(500円)

④東寺さんへ
ご案内場所:東寺・観智院
時間:2時間
拝観料:東寺(500円)・観智院(500円)

⑤後白河上皇・豊太閤の夢
ご案内場所:三十三間堂・法住寺・豊国神社・方広寺の鐘
時間:2時間
拝観料:三十三間堂(600円)

⑥新選組はいずこ
ご案内場所:壬生寺・八木邸・光縁寺・(角屋)・(島原)
時間:2(3)時間
拝観料:八木邸(1,100円)お抹茶付き

⑦嵐山に遊ぶ
ご案内場所:天龍寺・野宮神社・竹林の小路・渡月橋・(福田美術館)
時間:2(3)時間
拝観料:天龍寺(500円、庭園のみ)

⑧宇治の世界遺産
ご案内場所:平等院・宇治上神社・(黄檗山萬福寺)
時間:2(3)時間
拝観料:平等院(600円)鳳凰堂(300円)

⑨伏見稲荷と坂本龍馬
ご案内場所:伏見稲荷大社・寺田屋・(大倉記念館)
時間:2(3)時間
拝観料:寺田屋(400円)

⑩禅とお茶とあぶり餅
ご案内場所:興臨院(600円)高桐院、大仙院
時間:2時間
拝観料:興臨院(600円)高桐院、大仙院

⑪幕末の京都
ご案内場所:近江屋跡・池田屋跡・瑞泉寺・酢屋・本能寺
時間:2時間
拝観料:酢屋(500円)

⑫明治維新の遺跡
ご案内場所:琵琶湖疎水・インクライン・水路閣・南禅寺
時間:2時間
拝観料:南禅寺(500円、方丈庭園)

⑬きぬかけの路
ご案内場所:金閣寺・龍安寺
時間:2時間
拝観料:金閣寺(400円)龍安寺(500円)

⑭古代の杜を歩く
ご案内場所:下鴨神社・秀穂舎・糺の森
時間:2時間
拝観料:秀穂舎(200円)

⑮祇園を散策
ご案内場所:祇園白川・巽橋・花見小路・建仁寺
時間:2時間
拝観料:建仁寺(600円)

スタッフのコメント

京都を観光する場合、初めてなの京都なのか、3回目の京都なのかでもモデルコースは大きく違ってきます。1泊2日で初めて京都観光をされる場合であれば、効率よく人気スポットを巡るコースがお勧めです。初日は京都の西方面にある「嵐山」へ、次の日は京都の東方面にある「清水・祇園・伏見稲荷」エリアに行くとよいでしょう。京都市内はあちこちに教科書に載っている歴史ある建築物など歴史的価値の高い物が数多く点在していますので、すべて網羅するとなると大変な時間と労力がかかってしまいます。嵐山へ行くには電車を利用して行くのが最適でR嵯峨野線から快速電車にのれば約15分で駅に到着です。車で観光する場合は、利便性を考えて嵐山や、清水寺ではなく、その他の観光スポットを巡るのがよいでしょう。車で巡るコースとしては、駐車場完備の観光スポットを選ぶのが効率よく観光することができる条件です。観光シーズンとなると清水寺周辺は人も多く市内は交通渋滞が多発し、思いの外、行きたい場所へ行くことができなかったという話をよく耳にします。もし、仮に私が車で観光するのであれば、三十三間堂、金閣寺、太秦広隆寺、三千院、比叡山延暦寺などをおすすめしたいです。いずれの寺社仏閣も大きな幹線道路沿いにあり周辺にも駐車場があるので、道がわからない、駐車場に停めれないなどのトラブルも回避できます。