貴船川床【ホテルスタッフ厳選】絶品料理を満喫する方法は?

川床といっても様々なジャンルのお店があってよくわからない。
また、貴船、鴨川、高雄などのエリアに分かれていて実際どこへ行けばいいかわからないし、場所もよく知らないし・・・。
アクセス方法やおすすめのお店や歴史についても知りたいし、人気の川床料理や周辺の観光スポットも教えてほしいなぁ・・・。

それでは、アクセス・お店・周辺観光についてご案内しますね。
貴船は京都の奥座敷でめったに行けない避暑地で、川のせせらぎを聞きながら頂く川床料理は格別ですよ。

貴船川床

目次

貴船の店舗一覧

貴船 右源太 川床料理 料理旅館 
貴船神社の本宮の入口ちかくにある川床料理旅館で貴船川床界隈では有名なお店。

住所:〒601-1112 京都府京都市左京区鞍馬貴船町76
電話:075-741-2244
HP:http://www.ugenta.co.jp/

川床料理 料理旅館 奥貴船 兵衛
兵衛は貴船神社の奥宮近くで、貴船川の奥へと続く道にひっそり佇んでいる料理旅館。春は山菜料理、夏は川床料理、秋はカフェ、冬はぼたん鍋等、四季の料理が楽しめる。また、カフェもあり、おしゃれな雰囲気の中、イタリアから取り寄せたエスプレッソマシーンで美味しいコーヒーがいただけます。

住所:〒601-1112 京都市左京区鞍馬貴船町101
電話:075-741-3066
HP:https://hyoue.com/

京都貴船 料理旅館ひろ文
清涼膳にそうめんと鮎の塩焼が付いたランチがリーズナブルでいただける(5月の昼・6月平日限定)3,800円~。この時期の京都は人も少なくゆったり青もみじを鑑賞しながら食事を楽しめるので絶対におすすめです。

住所:〒601-1112 京都市左京区鞍馬貴船町
電話:075-741-2147
HP:http://hirobun.co.jp/

MUSUBI TEi イタリア料理
京都の素材にこだわりのあるイタリア料理店。おしゃれな店は2019年5月中旬オープン予定。

住所:〒601-1112京都府京都市左京区鞍馬貴船町78
電話:075-741-2939

貴船 仲よし
京都大原で飼育されている新鮮な地鶏のすき焼きは大人気。砂糖と醤油のみで調理します。要予約。

住所:〒601-1112 京都府京都市左京区鞍馬貴船町71
電話:075-741-2000
HP:http://www.kibune-nakayoshi.co.jp/

貴船茶屋
丁寧に仕上げられた京会席料理は手間ひまをかけて全て手作りで提供される。

住所:〒601-1112京都市左京区鞍馬貴船町69
電話:075-741-2148
HP:http://kibunejaya.jp/index.html

京会席料理 貴船 ひろや
日々の貴船の様子をInstagramやFacebookなどで配信している「ひろやは鞍馬温泉までの送迎付きのヒロヤ会席がおすすめです。食後に時間がある場合。なんと、貴船エリアから鞍馬寺までの参道があるので鞍馬寺の山頂まで行くことができます。初夏の青もみじや新緑を楽しみながらハイキングするのなど、贅沢な時間の使い方が可能です。疲れたあとは、露天風呂に入ってリフレッシュすることで日頃仕事で溜まったストレスや、育児などで疲れた心を癒やすこともできるかもしれません。

住所:〒601-1112京都市左京区鞍馬貴船町56
電話:075-741-2401
HP:https://www.kibune-hiroya.com/

貴船の川床 京料理 貴船荘
様々なプランが魅力の貴船荘。なかでも、せっかく京都に来たからには満喫しなければもったいない。そこでご紹介するのが「浴衣散策プラン」です。最終入店時間は16:30となりますが、ランチを堪能したあとに浴衣に着替えての貴船神社などの散策は夏の京都にぴったりなプランではないでしょうか。貴船神社の朱色の灯籠と浴衣姿の写真をとればInstagram映えすること間違いなし。お友達に自慢できる写真がとれることでしょう。貴船散策を楽しんだあとは、叡山電鉄で京都市内に戻って祇園や清水寺界隈を散策することもできそうです。

住所:〒601-1112 京都市左京区鞍馬貴船町50
電話:075-741-2222
HP:https://www.kibunesou.com/

鳥居茶屋
料理に定評があるのが鳥居茶屋。名物の「あゆ茶漬け」(1,500円)は一度白焼きにして一日かけて産し山椒と一緒に煮込みます。あゆ茶漬のミニ会席弁当は4,100円。山椒とわさび、鮎のお出しがやさしく口の中に広がります。

住所:〒601-1112 京都市左京区鞍馬貴船町49
電話:075-741-2231
HP:http://www.toriijaya.com/

川床料理 貴船 喜らく
住所:〒601-1112 京都府京都市左京区鞍馬貴船町47
電話:075-741-2037
HP:http://www.kibune-kiraku.jp/

川床料理旅館 べにや
貴船料理旅館「べにや」は野趣あふれる会席料理が楽しめ、春は山菜や鯉を使った会席料理、秋は松茸料理やもみじ御膳、冬はポカポカに体の芯まで温まるぼたん鍋、夏は人気の川床料理が堪能できます。また、結婚披露宴を行っており、貴船神社での和装結婚式などは京都らしく白無垢姿の結婚は憧れではないでしょうか。

住所:〒601-1112 京都市左京区鞍馬貴船町17
電話:075-741-2041
HP:http://kibune-beniya.jp/index.html

貴船温泉 天山の湯
2013年よりオープンしていたが、諸般の事情により、2017年1月9日をもって閉館となっている。

住所:〒601-1112 京都府京都市左京区鞍馬貴船町18-2
電話:075-741-5555
HP:http://www.kibune-tenzan.jp/

河鹿
比較的こじんまりしているお店は山菜や川魚がメインとなっている。お店で休憩どころも併設されており、ヨモギの香りいっぱいのヨモギ餅はあんこがたっぷりで人気がある。昔懐かしい田舎に帰った雰囲気が体験できる。

住所:〒601-1112 京都府京都市左京区鞍馬貴船町24
電話:075-741-3632

貴船へのアクセス

貴船へのアクセス

川床料理について

京都の夏の定番といえば、鱧落としですね。
夏になるとスーパーで「鱧落とし」が売られます。

酢味噌か梅肉でいただきます。
私はあっさりの梅肉派です。

その他には先付・鮎の塩焼き・お刺身・天麩羅・水菓子(メロン)などが定番。
京都市に隣接してい亀岡市から流れている川「保津川」の鮎が有名。

昔の話ですが保津川の天然の鮎は皇室に献上されるほど美味しいく北大路魯山人も生きたままで東京まで運ばせたという話も聞きます。

美味しんぼで山岡士郎が対決のために用意したのが保津川の鮎を出したとう話しも私の記憶の片隅に残っております。
しかし、残念ながら環境の変化により天然の鮎は見られなくなったと聞きます。

その鮎が食べることが出来るかは知りませんが、どのお店も自慢の料理を提供してくれるはず!!

基本は和食ですが、最近は鴨川周辺の川床では韓国料理・イタリア料理などのおしゃれで様々なお料理を楽しめることができます。

京都ではすき焼きで有名な「モリタ屋」でも川床が楽しめます。

貴船はどこにあるの?

貴船神社ってどこにあるの?
貴船は京都観光の拠点である京都駅から車で大体40分ほどのところ(距離にして18kmほどの場所)ですが、道幅の狭い貴船の道を自家用車で行くのはあまりおすすめのできませんのでバス等の公共交通機関を利用しましょう。

ハイシーズンなどは送迎のマイクロバスが行き来しますので、運転に自身のない方は車の利用は止めておいたほうがよいでしょう。

京都駅から貴船神社まではいくつかの方法がありますのでそのいくつかのパターンをご紹介します。
地下鉄~京都バスの場合
京都市営地下鉄と京都バスを利用は、京都駅から地下鉄国際会館方面に乗り終点の国際会館で下車したら、そこから3番出口を出て京都バスの52系統で貴船口まで向かいます。
地下鉄の京都駅から終点の国際会館までは約20分で料金は290円です。
とっても便利なのが交通系のICカードです。
地下鉄や京都バスでも使用できますので必ず用意しておきスムーズに移動するように心がけましょう。
ここで注意なのがバスの本数が少なめなので行き先を確認して時間を見ておきましょう。
京都バスで下車するバス停は貴船口です。
大きな鳥が目印ですので十分にわかると思います。
あともう少しで貴船神社に到着するのですが残念なことにここから貴船神社まで歩こうとすると30分ぐらいかかり結構な距離があるのですぐ近くにある叡山電車貴船口駅の前からバス停が出ていますのでそちらを利用しましょう。
そこから貴船神社まで約2キロ料金は160円です。
ずっと坂道になって歩くととてもしんどいのでここはパスを利用した方が良いのかもしれません。