HOME > お知らせ > 京都老舗洋菓子店「バイカル」アップルパイのご紹介

お知らせ

2020.06.05お知らせ京都老舗洋菓子店「バイカル」アップルパイのご紹介

 

「京湯元ハトヤ瑞鳳閣」のグループでもある京都の老舗洋菓子店「バイカル」の「アップルパイ」をご紹介いたします。

 

バイカルは本格フランス菓子の店として1955年、京都下鴨に誕生しました。

 

京都の地元中心に昔から愛されているバイカルですが、意外にも他府県の人(特に関東地方)にはあまり知られていません。

 

そのなかで、ご宿泊のお客様が京都みやげとして人気なのが、「アップルパイ」です。

 

職人の技とフレッシュバターの風味豊かなパイ生地、そしてアップルパイに最も適したりんご、青森県産「紅玉」を使用しています。

 

その日に焼き上げる分を必要なだけ用意し、冷凍は一切行わないパイ生地つくりは手間暇と時間がかかります。

 

バターを織り込み冷凍してしまうと、せっかく時間をかけてきれいに折り重ねた層がくっついて、焼き上げた時に生地が浮き上がらなくなってしまいます。

 

どんなに沢山のアップルパイを作る場合であっても、生地を作るのに「3日」はかかってしまいます。

 

昔ながらの作り方で、こだわりの素材を使ったバイカルアップルパイを是非ご賞味ください。

 

館内の「バイカルカフェ」ではバイカルのケーキ類をお召し上がり頂けるのはもちろんのこと、京都のお土産としてバイカルのお菓子やアップルパイをお求めいただけます。

 
 

一覧へ戻る